ものづくりの効率化

最新技術を利用して「ものづくり」のプロセスを変えてみたいと考えていませんか?

コンピューターによる解析を活用することで、設計を効率化することができます。KDYエンジニアリングは、スーパーコンピューターを利用したCAEサービスを2016年から開始しています。

CAEの知識が全くなくても大丈夫。3Dモデルの制作から解析、結果報告までを一貫してサポートします。最新のスーパーコンピューターの活用で高品質かつ低料金のCAE受託サービスを提供します。

スーパーコンピューターを使ってCAEによる解析を効率化

専門チームによるサポート

KDYエンジニアリングは、ドイツのエンジニアリング会社と提携しています。解析を専門にする博士・エンジニアによる解析結果のフィードバックが可能です。

解析システムのアップグレードにも取り組み、常に最新のCAEが提供できるように取り組んでいます。はじめてのCAE活用でどのように進めればよいのか不明といった場合は、訪問しての説明も可能です。

これまでの豊富な解析の経験を活かして短納期、低コストで提供することを目標としています。

フランスの世界遺産ポン・デュ・ガール水道橋

導入トレーニング

スーパーコンピューターによるCAEにより、高速計算、短時間の解析が可能になりました。ネットワーク経由で解析結果を見ることができ、お使いのパソコン性能によって影響がでることはありません。

解析に興味がある。試しに使ってみたいといったご要望にお応えするため、訪問してのトレーニングもご提供します。

        
スーパーコンピューターを活用したACEサービス

About US

KDYエンジニアリング 代表 五十嵐

並列コンピューティングによるCAE事業を行っています。パソコン1台では難しい大規模構造物の構造解析、流体解析などの解析を並列コンピューティングの活用により、高速、高い精度で行うことで、日本企業のものづくりを支援したいと考えています。

スーパーコンピューターを自社内に保有する大企業だけではなく、中小企業がもっとCAEを利用できる環境にしたいと考えて、KDYエンジニアリングを設立しました。

もし、設計や解析でお悩みであれば、お気軽にお問い合わせください。