スーパーコンピューターを用いた高精度、高速処理が可能なCAE

Home > CAEについてもっと知る


コンピューターによるエンジニアリングは難しそう?CAEを導入したいけれどよくわからない。そんなお悩むを解決するCAEの使い方や基礎知識を紹介しています。導入して見たいけど専門書は難しそうという方にぴったり。CAEで何ができるのか基礎的な内容を解説しているので詳しく知りたい人におすすめです。

CAEについてもっと知る


CAE解析手順と効率化のポイント
          

CAEの手順と効率化のポイントを紹介しています。メッシュ作成に失敗しない3Dモデルの作成方法や解析結果の整合作業などについて解説しています。

詳細を見る »  CAE解析手順と効率化のポイント



メッシュ作成でエラーのでない3Dモデルの作り方
          

3DCADで作成した3Dモデルを解析ソフトに取り込み、いざメッシュを作成するといった段階でエラーが表示された経験はありませんか?エラーしないモデルの作成方法を解説。

詳細を見る »  メッシュ作成でエラーのでない3Dモデルの作り方



片持ち梁のたわみ量計算と数学ソフト
          

片持ち梁のたわみ量の計算式を数学ソフトを使って解きます。片持ち梁の理論値とシミュレーション結果を比較して、解析の精度がどの程度正確であるか確かめます。

詳細を見る »  片持ち梁のたわみ量計算と数学ソフト



ミーゼス応力と主応力を理解する
          

なるべく数学を使わずにミーゼス応力と主応力の違いについて説明しています。テンソルについても解説しているので、解析結果を確認する前に応力を理解しましょう。

詳細を見る »  ミーゼス応力と主応力の違いを理解する



CAEによる解析を成功に導く4つのポイント
          

どうような場面でエラーが出るのか説明しています。メッシュサイズの粗さによって解析結果がまだらになったり、特異点などのCAE特有の問題が生じることを解説しています。

詳細を見る »  CAEによる解析を成功に導く4つのポイント



フリーソフトで構造解析に挑戦
          

メモリーを16GB積んでいる3Dグラフィック用のパソコンと、無料のDEXCS(デックス)というCAEソフトを使って、炭素繊維複合材(カーボンフレーム)の構造解析を行ってみます。

詳細を見る »  フリーソフトで構造解析に挑戦



1次要素と2次要素で結果はどのぐらい違う?
          

1次要素(first order)と2次要素(second order)によって、片持ち梁のたわみ量をそれぞれ求め、理論値と解析結果を比較することでどの程度の違いが出るのか検証してみます。

詳細を見る »  1次要素と2次要素で結果はどのぐらい違う?



 メッシュの細かさと解析精度
          

メッシュを応力集中部だけ細かくすることで、解析精度の向上が可能かどうか検討します。メッシュを細かくすればするほど解析時間とコストが上昇するため、バランスを取るための考察をします。

詳細を見る »   メッシュの細かさと解析精度



 特異点による応力集中と最大応力の正しい評価法
          

連立方程式の解が無限大になる(応力が不連続になる)点が生じ、この点を特異点と呼びます。特異点による応力集中箇所を避けて応力を測定することで、応力を正確に把握する方法を紹介。

詳細を見る »   特異点による応力集中と最大応力の正しい評価法



解析結果をParaview(無料ソフト)で見る
          

「ParaView」でどのように解析結果を見ることができるのか紹介しています。並列コンピューティングと相性が良いことから、大学や研究機関で使われていますが、もちろん個人利用することもできます。

詳細を見る »  解析結果をParaView(無料ソフト)で見る



無料で使えるCAEの可視化ソフトParaview
          

無料で使えるCAEの可視化ソフトParaviewの使い方を解説しています。さらに特異点の最大応力を正確にParaviewで評価する方法を説明しています。

詳細を見る »  ParaViewの使い方と特異点の応力評価



構造解析に必要な材料力学の理論
          

構造解析を理解するために「応力-ひずみ曲線」と「許容応力と降伏点」、「弾性変形と塑性変形」に絞って材料力学のポイントをお伝えします。

詳細を見る »  構造解析に必要な材料力学の理論



構造解析に必要な材料力学の理論
          

鋼材と繊維強化プラスチックを組み合わせた場合の応力-ひずみ曲線について紹介しています。さらに繊維強化プラスチックを組み合わせれば、どのような長所が生まれるのか紹介します。

詳細を見る »  複合材をCAEで設計する



構造解析結果の検証と妥当性確認
          

解析結果が正確なのかどうかわからないと感じる経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。メッシュサイズや拘束条件・荷重条件などの解析条件が適切であるのか調べ、正しく解析しているかどうかを検証します。

詳細を見る »  構造解析結果の検証と妥当性確認



流体解析で風の流れを可視化する
          

流体解析で何ができるのか「KDYのロゴ」を使って説明します。流体解析の解析手順とシミュレーション結果を紹介します。風の流れや風圧を可視化して表示することができます。

詳細を見る »  流体解析で風の流れを可視化する



振動解析-音でワイングラスを割る
          

歌声でワイングラスを割ることができるのか?振動解析で何ができるのか紹介しています。ワイングラスが共振を起こす振動数を求めて、振動を可視化して表示しています。

詳細を見る »  振動解析-音でワイングラスを割る