スーパーコンピューターを用いた高精度、高速処理が可能なCAE

Home > CAEの解析例


コンピューターによるエンジニアリングは難しそう?CAEを導入したいけれどよくわからない。そんなお悩むを解決するCAEの使い方や基礎知識を紹介しています。導入して見たいけど専門書は難しそうという方にぴったり。CAEで何ができるのか基礎的な内容を解説しているので詳しく知りたい人におすすめです。

CAEの解析例


構造解析でイスを設計する
          

イスに100kgの人が座った場合のミーゼス応力を構造解析シミュレーションで求め、許容応力と比較することで安全に座ることができるのか検討します。メッシュ作成から解析までの構造解析の流れを解説しています。

詳細を見る »  構造解析でイスを設計する



ピラミッドの重力拡散の間の効果をCAEで科学する
          

今からおよそ4500年前に建築されたクフ王のピラミッドには、王の間の上に重力拡散の間と呼ばれる空間が存在しています。重力拡散の間が、本当に王の間の重力軽減に役立っているのかCAEによる解析で検証します。

詳細を見る »  ピラミッドの重力拡散の間の効果をCAEで科学する



原油タンクの流体解析
          

流体解析を使って台風による48m/sという強風を想定して、原油タンクにかかる風圧とタンク周辺の空気の流れを可視化します。風速を46m/sに設定して解析を行います。

詳細を見る »  原油タンクの流体解析



ビルの最適形状を流体解析で求める
          

ビルの形状とビル風の強さの関係を流体解析によってシミュレーションし、ビル風を抑える形状について3種類のビルを比較します。円柱形が最もビル風の影響を少なくすることができます。

詳細を見る »   ビルの最適形状を流体解析で求める



高層ビル群が風に及ぼす影響
          

流体解析を使ってビル周辺の風速と風下の風の流れをシミュレーションで可視化することで、高層ビル群が風の流れにどのように影響するのか確かめます。芝浦アイランドの高層ビル群を3Dモデル化しています。

詳細を見る »  高層ビル群が風に及ぼす影響



壊れやすい部品をCAEで設計する
          

ロードバイクには「ディレイラーハンガー」と呼ばれるパーツが使われています。このパーツは、一定以上の荷重がかかると、わざと曲がって本体に荷重がかからないように弱く設計されています。

詳細を見る »  壊れやすい部品をCAEで設計する



CAEで強度と落とさずに軽量化する
          

日本の戦闘機ではゼロ戦が有名ですが、軽量化によって機体強度と剛性が低下するという戦闘機としては致命的な欠点を有していました。強度を落とさずに軽量化するための構造解析活用事例を紹介します。

詳細を見る »  CAEで強度と落とさずに軽量化する



 スマートフォンの落下衝撃をCAEで解析する
          

1mの高さからコンクリート上にスマートフォンを落としたと仮定して、コンクリートにぶつかった際の衝撃をCAEで解析します。衝撃の伝わり方を時系列に解析します。

詳細を見る »   スマートフォンの落下衝撃をCAEで解析する



 繊維強化プラスチックで補強する
          

繊維強化プラスチックと鋼材を組み合わせた場合、鋼材は降伏せずに弾性変形を続けるようになります。既にある構造物に繊維強化プラスチックを貼り付けた場合の応力削減効果を解析します。

詳細を見る »   繊維強化プラスチックで補強する



たこ焼き器の材質をCAEで科学する
          

なぜ家庭用のたこ焼き器では、焼くのが難しく感じるのか、CAEによる熱解析を用いてたこ焼き器の表面温度の変化をシュミレーションすることで検証します。たこ焼き器の材質を選定する際の参考に!

詳細を見る »  たこ焼き器の材質をCAEで科学する



郵便ポストの固有振動数を解析
          

街でよく見かける郵便ポストの固有振動数を解析し、揺れを可視化します。固有振動数を推定することで、共振を起こす周波数と揺れの大きい箇所を把握することができます。

詳細を見る »  郵便ポストの固有振動数を解析



振り子でビルの揺れを抑える
          

ビルの揺れに対して振り子が本当に地震の長周期地震動対策として効果を発揮するのか確認します。ビルの高さは92mとして、振り子の有無によって揺れが変わるかどうか解析します。

詳細を見る »  振り子でビルの揺れを抑える